志賀高原 & 千曲川

f0230940_9232769.jpg志賀高原の横手山まで春スキー?夏スキー?に出掛けてきました。志賀高原に上る前日に麓の湯田中温泉の宿に一泊して、明くる日の朝に志賀高原に入る余裕のスケジュール。
宿で朝飯をゆっくり食べてから横手山渋峠スキー場に出発、約30分程でスキー場に到着です。

今年の横手山渋峠スキー場はスキー客がやけに多い感じ、リフトの並び具合から去年の3倍近い人出?じゃないかと・・・。
魚がよく釣れるとかの情報が回ると、ミーちゃんハーちゃんが一箇所の釣り場に人が集中するのと同じね。今年は雪が多くて条件が良かったんでしょうか。
昼過ぎまで滑ってスキーは終わり、次はノンアルコールビール片手に日向ぼっこ。若い頃みたいに一日中滑ってる体力も気力もございません。

昼から魚釣りのつもりで、山を下って湯田中温泉の横を流れる千曲川支流の「夜間瀬川」で、渓流フライの真似事でもしようと思ったら、これが志賀高原の雪解け水が流れ込んでいるのか、洗濯物のすすぎ水の色みたいに白濁してまして魚釣りは無理な感じ。

千曲川と犀川の合流点まで走って今度は千曲川の本流に入って竿出し。川の所々でルアーマンを見つけましてちょっと話を聞かせてもらいましたら、釣れるのはブラックバスでヤマメとかサクラ鱒とかの鱒類は釣ったことが無いってことでした。
千曲川本流でバスが釣れる?初めて聞きました。そのうちに犀川の方でもブラックバスが釣れるようになる? ひょっとしたらすでに犀川も・・・。
[PR]

by troutclub | 2014-05-06 09:38 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/21974674
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< スマホでGPSナビ 連休後半 トンビに油揚げ >>