石垣島 観光だがね その2

石垣島の二日目はレンタカーで島を移動。移動手段がバスかタクシーに限られるこの島では車が無いとかなり不便。魚釣りをする場合は道具も多いのでレンタカーを借りるのが一番便利。

今回は泳げる場所と魚釣りが出来る場所を重点的に周りました。3月の末に早々と海開きのイベントが開かれてましたが、風が強くて体感温度が低くちょっと泳ぐ気にはなれません。地元の人に言わせると例年と比べてかなり寒いそうです。

f0230940_13511063.jpg

観光客はシャツ一枚で歩いているのに、地元の人たちはウインドブレーカーとかを上に一枚着込んでいるのが面白い。寒波の本州から比べたら石垣島は10℃以上も気温が高いですもんね。オッサンも一日中シャツ一枚で過ごしてました。

まず島の西側、川平湾方面まで走って釣り場を探す。遠浅の砂浜ばかりで大きな魚は入って来ないと判断して、今度は水深のある岩場を探しましたが、足場が悪くて海岸線まで降りて行けません。

f0230940_13515933.jpg名蔵川の河口まで走ってやっと竿出し、ここはアプローチの道が付いてて横着モンのアングラーにはピッタリです。お目当てはパシフィックターポンって魚なんですが、水温が低いのか場所が悪いのかノーバイト。

急に腹が空いてきまして自分達もノーバイトだったことに気付く。昼飯の食える処を探しながら今度は島の東側までドライブ。マエサト地区で石垣では珍しい?回転寿司の店に入って海鮮丼を注文。せっかく回転寿司に入りながら、回って来る寿司を食わずにドンブリもんとは・・・これも珍しい?

大浜の海岸で地元のルアーマンから釣り情報の収集。干潮時にリーフの端まで歩いてその先の深場をルアーで探る釣りだそうです。エギング用?のスピニングロッドにPEラインを巻いて、管釣りのトラウト狙いみたいな小さなミノールアーで、地元の魚(ハタの仲間?)を釣るとか言ってました。この場所では竿出しせずに海を眺めておしまい。

最後に石垣港のサザンゲートブリッジ下で魚釣り。ここは真昼間でもイカが釣れるようで出会ったアングラーはエギをロッドの先にぶら下げてました。
エギも持参したんですが、タコベイトルアーのテストを優先して、タコベイト&スプーンにタコベイト&ジグを投げまくってました。

f0230940_13522575.jpgドライブ中に名蔵湾で二人のフライフィッシャーを見ました、石垣島で初めて出会うFFMです。遠浅の海でひたすらキャスティングしてましたが、海は広いな大きいな・・・フライキャスティングでの海の釣りは難しいと改めて思う。そのチャレンジ精神に感心。
そうです、魚なんか釣れなくてもいいんだ、魚なんかよりもっと大切なものが有る。ノーフィッシュのいい言い訳を見つけました・・・。

夕方、レンタカーを返してから石垣の商店街に寄って、オリオンの生ビールにグルクンの唐揚げ、島ラッキョウで軽くお疲れさん会。南の島の楽しい一日でした。
[PR]

by troutclub | 2014-03-26 14:04 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/21642799
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< ペンギン夫婦の作りかた 観光だがね >>