今年何度目かの大ポカ?

年末の帰省で旅客機も軒並み95%以上の満席率のようです。大きな荷物を抱えて搭乗手続きに手惑う乗客に足を引っ張られて、飛行機の出発時刻が遅れるなんて事も多くなる・・・?

大手の航空会社は搭乗手続きが済んでれば待っててくれるようなんですが、LCC航空は飛行機の出発時間定刻になるともう乗せてもらえません。この年末もそんな悲喜交交(ひきこもごも)が飛行場で繰り返されそう。
f0230940_10255865.jpg沖縄から帰ってくる日、飛行機の出発時間までにまだ余裕?があったんで、昼飯を済ませてから那覇の県庁近くの広場で時間潰しに缶ビールで一杯、いや二杯。
暖かくて気分は初夏?すっかりイイ気分になったところで、ちょうどいい時間になり“ゆいレール”で那覇空港まで運んでもらいました。

空港に着いたところで相方が、泡盛をオミヤに買って帰りたいと言い出しまして空港内の店でお買い物。
そこで空港の発着時刻表のパネルを確認したら、搭乗予定の飛行機の出発時間が20分早くなってる?・・・いやこちらの勘違いで出発時間を間違えてた。飛行機の出発までもう時間が無い、大ポカです。

預かり荷物の手続きに行ったら係員が何か慌てた様子、そしたらハンドマイクを持ったお姉さんが「○○方面にご出発予定のお客様、至急お申し出ください」のアナウンス・・・。

初めは他人事かと思ってたんですが、どうもアルコール臭いオッサン達2人のことらしい。慌てて申し出たら「急いで搭乗検査をしてください」のお言葉。搭乗検査でも係官が「預かり荷物の受付時間を過ぎてるので、荷物がどうの、こうの・・・」と釘を刺されてしまった。
f0230940_10252811.jpg

何でもいいから飛行機に乗せてもらおうと搭乗口まで大急ぎで歩いて、搭乗手続きを済ませボーディングブリッジ(搭乗通路)にたどり着いたのが、手元の時計で出発2分前。座席に着いたらすぐに扉を閉められてしまった。
泡盛を抱えて大慌てだった相方から、詰めが甘いとお小言を少々。離陸した途端に缶ビールが効いてきて空の上ではグッスリでした。荷物も無事に同じ飛行機で帰ってきました、とさ。
[PR]

by troutclub | 2013-12-28 10:46 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/21174572
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 今年最後の浜&プチ忘年会? まるでウイルス?「百度ソフト」 >>