福井・越前カニ食べ行こう

風邪でも引いたのかちょっと体調が・・・・でもこの週末はお約束がありまして老骨に鞭打って?福井の越前町までお出掛けでした。
今の時期に越前といいましたらカニ、それに秋鯖のシーズンで焼き鯖寿司も旨い。

福井までドライブする前に、各務原の航空自衛隊 岐阜基地で開催の各務原航空ショーを見学。今年はあのオスプレーV-22 ヘリ?がやってくるとかで期待してたんですが、反対派からの物言いで飛来は中止になった模様。
基地まで行かずに遠くからブルーインパルスのアクロバットショーを眺めて、航空ショーの見学はおしまい。
f0230940_15223691.jpg

滋賀県と福井県の県境にある塩津街道の峠を越えて、越前海岸の305号線に入ったのが午後の1時過ぎ。
今の時期の越前はカニ料理一色でしてランチでも店に入ると結構な値段になりそう。それにどの店も値段の表示を出してないのが怖い。メニューと値段を表示してる店もありましたが、そんな店は皆さん安心なのか行列が出来ててかなりの待ち時間になりそう。

“小市民カニ食べ行こうクラブ”のオッサン達は、越前名物の焼き鯖寿司2本と海老とタコのフライにノンアルコールビールを仕入れて、海岸線の防波堤で遅い昼飯。日本海はベタ凪で釣竿を持って来なかった事を悔やむ。
“越前がにミュージアム”横のカニの直売場で、夜のビールのお供に越前ガニじゃない山陰産のカニを一杯買って、越前海岸を離脱。ちなみに今の時期の越前がに一杯の参考価格は18,000円也・・・・。

f0230940_1523103.jpg九頭竜川近くにある大和田の宿に着いて、風呂に入ってビールを飲んだら疲れがどっと出て朝まで爆睡。もちろん山陰産のカニは忘れずにしっかり食い散らかしてやりました。

二日目はゆっくり目に宿を出まして北国街道の365号線を走り、今庄の“蕎麦祭り”を覗いておろし蕎麦をちょいと味見。今庄からもう少し山に入ると「夜叉が池」に登れるようなんですが、もう積雪があるとかで通行止めの表示が出てました。

初めての365号線で山越えをして余呉湖のわきを抜けて木之元に入る。こんな時に限ってカーナビの動きがおかしくなって焦る。
味見だけのおろし蕎麦ではちょっと物足りなかったんですが、ここは帰ってからの晩飯を楽しみにぐっと我慢。
まだ陽のあるうちに旅の片付けを済ませ、夕方からいつもの「角屋」でビール。珍しく“すずめ”が入荷してまして早速注文、その後注文したしたお客さんは売り切れって言われてましたから、今年の初スズメはぎりぎりセーフだったみたいです。

二羽?で一本の串になってまして、一匹ずつ相方と仲良く?シェアして福井・越前の旅は無事お開きとなりました、とさ。
[PR]

by troutclub | 2013-11-25 15:41 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/20959648
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 24時間PC ダウン! ソルト用ベイトロッド >>