日本最南端 西表島

f0230940_9504086.jpg
「アムステルダムの朝は早い!」らしいけど、日本最南端 石垣島の夜明けは遅かった。
9月の中旬でも朝の6時ではまだ薄暗くて起きる気になれません。とは言うものの石垣島二日目の予定は、朝の8時半出発の水上バスで西表島まで渡る段取りになってまして、それ程ゆっくりはしていられない。

ホテルのバイキングで朝飯を済ませて着替えをしたら、水上バスが発着する離島ターミナルに出掛けなきゃいけない時間。同じホテルに連泊なので荷物はそのままにして釣竿だけ持って出発。

f0230940_951177.jpg離島ターミナルで、水上バスのチケットとペットボトルの水と昼飯を買い込む。西表島にはスーパーもコンビニもナーンも無いのであります、ついでに道路沿いの自販機も無かった。

船に揺られて約40分で西表島の「大原」の港に到着。予約してあったレンタカーを受け取りまして、そのまま「上原」方面までドライブ。

道路を走る車の9割は”わ”ナンバーのレンタカーで皆さんのんびりドライブ。西表島の端から端まで走っても距離は50kmも無さそう、慌てて走る必要はありません。
おまけに島には交通信号が二つしかありませんからブレーキを踏む機会もほとんど無し。
まあこの日本最南端の信号機の主な役割は、島の子供たちに交通ルールと信号機を教えるためにあるらしいです?

f0230940_9514780.jpgf0230940_1026527.jpg先ず「星砂の浜」海岸まで大原から海岸線を走って海の様子見。星砂の浜は丁度干潮の時刻でリーフの端まで歩いて釣りが出来る状態。
2~3人のルアーの釣り人がすでにキャストを繰り返してましたが、オッサンのテレスコピックのプアな竿では、小物のGTでも竿をへし折られそうなんでここは眺めるだけ。
相方はリーフの深みで泳ぐと言うか水遊び、オッサンは日陰で一休みしながら、水遊びが終わるまで ”ウエイト” の状態。

海から上がって昼飯。石垣で買ったスパムのハムを挟んだおにぎりと魚のフライ、それに冷やしたままで持ってきたオリオンビールがメニュー。
オッサンは車の運転があるんで、ここはペットボトルの水をグビグビ飲んでおしまい。相方は旨そうにオリオンビールを飲んで上機嫌。一瞬このまま西表島に生ゴミで捨てていこうかと思ったんですが、犬と同じでまた戻って来そうなのでやっぱり我慢。

そのまま幹線道路215号線の北側の端にあります「白浜」まで行き、観光遊覧船の港でやっと竿出し。それが炎天下では暑くて暑くて30分程キャストして魚釣りはオシマイ。
隣の餌釣りの人が長細いそこそこのサイズの魚を何尾か釣ってましたが、オッサンのルアーには何も掛からずでした。

f0230940_9521380.jpg白浜より先は道が無いのでUターンして大原まで戻ることにしました。途中で水牛車に乗って海を渡る由布島を見物しまして、次は幹線道路215号線の南側の端にあります「南風見田の浜」まで行く事にしました。
人の姿がまったく無い「南風見田の浜」。長い竿があったらフルキャストで大物が狙える感じなんですが、これは無い物ねだりでまた機会があったらと言うことにしました。大原の港に戻ってレンターカーをキーを付けたまま駐車場に捨て、石垣島行きの水上バスに乗り込んで、西表島の一日が終わりました。
[PR]

by troutclub | 2013-09-18 10:13 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/20413706
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< カーボンフィッシュグリップ 石垣島 & 西表島 >>