イリジウム プラグ

注文していた車のスパークプラグが宅急便で届きました、日本語で言うと点火栓。
10万キロの寿命があるといわれるNGKのイリジウムMAX BKR6EIX-11P。話半分としても5万キロは余裕?で持つプラグです。今使ってますプラグもまったく同じ物でして、交換してから話半分の5万キロに近づいてきたので、いつでも交換できるように予備として購入しました。

f0230940_9352456.jpg

クルマ屋に言わすとデンソー イリジウムタフの方が、オッサンの車には相性がいいって話しなんですが、NGKのイリジウムでもまったく問題が無いので同じもので行きます。性能的には似たようなモンでしょ、あとは好みの問題です。

少し前、エンジンの始動時に一時的に不整脈が出た事があったんで、そろそろプラグが寿命?と疑ったんですが、以後はその症状が出てないのでまだプラグは大丈夫みたい?
燃料系が不調でも当然始動性が悪くなるんで、機会があればディーラーのVCDSでフォルトを調べてみるつもり。
[PR]

by troutclub | 2013-06-07 09:38 | クルマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/19758096
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< プラグをキンチャク締めで? サニーのトラック野郎? >>