キラキラ擬餌針

ルアーやフライ、サビキや餌釣りでも、魚にアピールするにはキラキラ感が大事じゃないかと以前から思ってました。手っ取り早くキラキラさせるには、メタリックな素材を使った仕掛けが一番?キラキラと泳ぐ小魚は、フィッシュイーターから見ると食欲をそそる魅惑の輝き・・・?

先回はアルミ蒸着のフィルムを使ったサビキだったんですが、今回はもう少し発展させて、ウオディントン風なシャンクにアルミ蒸着フィルムのウイングを結んだ、全長2インチのルアーのようなフライのような擬餌針。

f0230940_16341573.jpg

軽いのでフライキャスティングでもプレゼンテーションできるし、ルアー仕掛けにドロッパーみたいに結んで枝針にしても使えます。シャンクに錘を噛ませば軽量小型ジグにもなります。
主に海での使用を考えた、フライのようなルアーのようなキラキラ擬餌針です。

もう少し煮詰めてフィールドテスト、結果が出ましたら量産・・・・?
余りにも魚が釣れないんで色々な事を考え悪あがき、首までズッポリと泥沼でござんす。
名前はまだ無い。
[PR]

by troutclub | 2012-11-07 16:43 | フライ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/18143742
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 自作ラインバスケット TOYOTA2000GT スピ... >>