バッテリー交換

相変わらず、ほとんど乗ることも無く車庫で惰眠をむさぼっていた倅のクルマ。上がってしまったバッテリーの交換に半日付き合わされました。いい歳こいて、ガソリンスタンドのパシリ店員みたいな気分。

3月の車検の時に大盤振る舞いで新品のバッテリーをオゴッたとこなのに、クルマに乗らないもんだからまたバッテリー上がり。
今回は新品のバッテリーもスッカラカンで、セルのクランキングどころかリレーの繋がる音もしない。
こうなると、低いアンペアでゆっくり充電しないとバッテリーを傷めてしまう?らしい・・・。

f0230940_9461089.jpg
ブースターコードでのエンジン始動は諦めて、結局交換用のバッテリーをひとつ持って行くことにしました。最近はバッテリーだってそれほど高くないし、そのほうが仕事が早いです。
ばんたびバッテリーの新品をおごっている訳にも行かず、今回は間に合わせの中古を事前に用意。

バッテリーの交換はものの10分で終了、外したバッテリーは知り合いのクルマ屋でゆっくり充電してもらうことにしました。

ほったらかしにしていたクルマが、なぜ今頃、必要になったのか・・・・?
足にしてた、ガールフレンドが運転してくれるジョウヨウシャの調子が悪い、それともそのガールフレンドとの調子が悪い・・・・袖にされた?
いいザマです、ガール?を食い物にする男の末路なんてそんなモンでございます。これもDNAのなせる業。 バッテリー代、今回も取りそびれる。やっぱりこれもDNAのなせる業。
[PR]

by troutclub | 2012-10-17 09:46 | クルマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/18075632
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 出戻りノートパソコン 時差ぼけ? >>