枝葉にこだわる、その二

いつも魚釣り優先で不義理してますお友達?への穴埋めにこの週末は魚釣り無し。
手持ち無沙汰・・・いい機会なのでここのところのマイブーム、ベイトリールでの魚釣りで不自由を感じていた問題を解決しようと、いろいろ頭をひねってみました。
ベイトリールでもフライリールでも太鼓型のリールは、ラインを全部巻き込んでしまうと、ラインの端が嘘みたいに分からなくなる時があります。
下のラインにクロスして入り込んだラインをそのまま気付かずに引き出したりすると、後で面倒臭いことになり始末が悪いです。
そこでラインが行方不明にならないように、ラインの端を挟んでリールにラインが全て巻き込まれないような小道具を制作することに。

f0230940_8221877.jpg

写真のように針金をラジオペンチで加工して、ハリス止めの親分みたいなのを作って完成。指が滑らないように被せたゴム質の収縮チューブがお洒落?
このハリス止めの親分、ラインがスプールに巻き込まれないようなストッパーの役目と、そのままラインを引き出してガイドを通せば、ストッパー付?のガイド通しとしても使えます。
ずいぶん前に似たような商品があったような記憶も・・・・買ったことも実物を見たことも無いので手っ取り早く自作です。どちらもハリス止めの親分がキモ。。
気が付けば1ダース近い数をラジオペンチと格闘して量産?ベイトリールとツーハンド用のフライリールに使おうと思ってます。
送料込み5個で480円でプレゼント!・・・・・なんぞとスケベ根性で小商いも考えたんですが、作ってる暇が無いので興味のある方は自作してください。
[PR]

by troutclub | 2012-03-04 08:25 | 工作 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/17268412
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 天神山? ズレてた枝葉の話 >>