新年明けましておめでとうございます。

昨年の暮れ、車のタイヤをスタッドレスに替えるために知り合いのクルマ屋に行きましたら、日本ではまず見ることの無い珍車を発見。

f0230940_20281129.jpg

旧東ドイツで生産された「トラバント」、1990年までドイツは東と西に分かれてたのは皆さんご存知のとおりなんですが、1990年以前の東ドイツでは自家用車の選択肢はといえばこの「トラバント」だけだったようです?
西ドイツではBMWはE36シリーズ、ベンツは190E、ポルシェもType964に進化していた頃。「トラバント」は直列2気筒2ストローク空冷エンジン594cc  落下式燃料タンク 混合ガソリン・・・・・・その技術のギャップが凄い。
歴史的なこの車なんですが、中途半端に生産年月が新しくて(1990年製)日本の保安基準に適合せず車検が取れない。
博物館送りか、映画の小道具くらいしか使い道が無いのが残念。

[PR]

by troutclub | 2012-01-05 20:29 | クルマ | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/17038084
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 迎春 ジグ クルクル ベル? >>