勧進帳 安宅の関

不覚にも風邪を引きまして、日曜日のいつもの浜のいつもの三人組、楽しい浜のお勤めは欠席と相成りました、実に残念!
そんな訳で、そのつもりでいた釣りの話が出来ず、今回は先週出掛けました福井は三国の海鮮丼の話からの続き。
海鮮丼で大満足した後は、海沿いにお隣の石川県に入り加賀ICから北陸道で小松市まで一っ走り。
小松の駅前では”小松市どんどんまつり”なんてのをやってまして、無料開放になってます駐車場に車を捨てて、どこかでビールでも飲もうかとあちこちを徘徊。
祭りの屋台に気を使ってビールの販売を自粛したのか、なぜかビールの自販機が一台も見つからない。コンビニも見つからずで気分は・・・・。屋台のビール?はカップ入りの350mlが500円!自販機の発泡酒なら150円!

f0230940_19542820.jpg

祭りのエリアから少し離れた場所の酒屋でビールを仕入れ、祭りの会場の戻ってビール一缶を空けてやっとお祭り気分に・・・・。
目の前でビールを飲むオッサンを、見て見ぬふりだった広報活動中の小松基地の自衛官の皆様、ビールを勧めるわけにもいかずスイマセンでした。
ジェット戦闘機F15のタンク落下事故直後のお忙しいときに、市民祭にかり出されての広報活動、お疲れ様でした。
そのまま小松で一泊、スーパーで仕入れたの生食用ズワイガニを肴にまたもやビールでお祭りの続き。もう少し時期が遅いとカニ漁が解禁するんですが・・・解禁直後は高くて食えないですけど。

f0230940_1955839.jpg

明くる日は朝一番でお目当てだった勧進帳でお馴染の”安宅の関”に直行。能の「安宅」とか歌舞伎の「勧進帳」の舞台になってる史跡です。
義経・弁慶のいろいろな作り物は感心しませんが、平安の頃の伝説が未だに続いて、その場所が現存してるってのが嬉しいです。
安宅の関の昔話は省きますが、ここにある安宅住吉神社はその云われから難関突破にご利益があるそうです。受験のお守りにぴったり。

f0230940_19555221.jpg

f0230940_19561782.jpg

興味のあった場所に訪れることが出来て大満足!だったんですが・・・・「勧進帳」の舞台になった本当の場所は、富山県の小矢部川にあった”如意の渡し”だって話を聞きまして、ちょっと複雑な気分に。
今年の春に氷見まで出掛けたとき、小矢部川の如意の渡しのすぐ上に出来た「伏木万葉大橋」を通ったばかり。その時にこの話を知ってたら・・・・。
帰りは九頭竜川沿いを上流に向かって走り油坂を越え、郡上八幡で蕎麦をたぐって帰ってきました。郡上なのになぜか麺が太い越前蕎麦、もちろんウマかったです。

f0230940_19572328.jpg

安宅の関の海岸はいい釣りポイントになってます。
[PR]

by troutclub | 2011-10-17 20:03 | | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/16700305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< HAZET 2169 フレンチブルー フリマ出店中止 >>