トラディショナルスペイキャスト

ソルトでいつもいお世話になってました釣りのお仲間と、今年のツーハンドの姫始め?はどうしまょうと話をしてましたら、その話の途中で釣具屋さんのブログに書いてある”MOW-H7.5S×2.5F”とは何者?ということになりまして、早速WEBで調べてみました。
浦島太郎のおっさんフライマン2人には、何のことかサッパリ解らなかったんであります。
WEBで調べたら、RIOのスカジットラインの先に継ぎ足す、チータとシンクチップとかを組み合わせた、いろいろなラインシステムらしいことが判明し、ひとまず納得で一件落着。



WEBを調べてる途中に見つけました、トラディショナルスペイキャストとタイトルが付いた、YouTubeの動画。
別段面白くもないのですが、せわしくないスペイキャストがなんか嬉しくて、ツーハンドキャスト本来の味?ゆったりとした昔のフライフィッシングが想像できます。
おっさんと呼ばれるような年齢は、魚釣りにはハンデと最近思いつつあったんですが、この動画を観てますとカッコ良いスペイキャストの最大の武器は、重ねた年齢のような気がしてきました。今夜はスコッチウイスキーを寝酒にしようかしら。


[PR]

by troutclub | 2011-02-21 20:40 | スペイキャスティング | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/15546757
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< スイッチ・メガネ! 釣りに行かなかった日・・・ >>