ガイド修理!

九頭竜川、犀川の解禁を前にしましてソルトのタックルはしばらくの間お休み。前から気になっていた10ftのソルト用ルアーロッドのガイドをその間に修理することにしました。
SICリングを支えているステンレスガイドのリングがシーズン中の酷使?が祟ったのか見事に切れてしまい、外れそうになっていたSICリングを瞬間接着剤で固定して、だましだましで使っていたんですが、精神的によろしくないので新品のガイドと交換することに。
まずガイドのフット部にカッターナイフを入れて、ラッピングスレッドをキレイに取り除きガイドを外します。残ったエポキシは、ブランクを傷付けないようにカッター刃の背などで丁寧に取り除きます。
f0230940_9482328.jpg

化繊の布でブランクを思い切り前後にセ〇ズ〇の要領でコスってクリーニングする方法もありますが、細いブランクだと勢い余って折ってしまうことがあります。
あの手の作業はついつい夢中になりやすいのでご注意を・・・・・・試したい方は、ソー〇嬢にでもなったつもりでソフトに優しく竿を握り・・・・・。
最後に極細コンパウンドで磨いておけばブランクの下準備はほぼ完璧。
SICのステンレスガイドを何処かで調達しなきゃいけないんですが、最近はフットの高いチタンガイドが主力のようで、どこの釣具量販店でも旧いタイプのステンレスガイドの在庫は無し。いつもの釣具屋さんにお願いしてメーカーに発注することにしました。
[PR]

by troutclub | 2011-02-15 09:50 | 工作 | Trackback | Comments(2)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/15510480
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2011-02-16 02:11 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by troutclub at 2011-02-16 09:24
ありがとうございます。まだガイドも届いてないし、作業に入るのは先になりそうなので、必要になったらご連絡させていただきます。ご心配をいただきすみませんでした。

<< K4GPセパン24時間耐久レ-ス 再度、長良川 >>