リール レストア

レストレーションなんて大げさなものでは無いのですが、ちょっと昔のリールを暇に任せて?クリーニングしてみました。
ソルトでいつもお世話になってます相方から「よかったら使ってみて!」と預かりました、オークションで落札したとかの15年前のリール。
動きは全くスムーズ、なんですがあちこちに気になる処がありましてさっそく分解してオーバーホール?・・・クリーニングすることにしました。
まずスプールからラインを抜いてチェック。事前に聞いていた通りアルミのスプールは白い粉を吹いて腐食してました。
f0230940_19551566.jpg

今回クリーニングしてますリールメーカーの製品に多いウイークポイントとの話も?手入れをしてないリールは皆こんなもんじゃないかと思いますが・・・・・レストアは前の持ち主の使い方や性格まで分かりそうで面白い。
白く粉を吹いた部分をワイヤブラシでクリーニングしましたら、腐食による大きな凹みが出てきまして研磨では修正できない程に錆が進行してました。
新品のパーツを取り寄せた方が早いのですが、メーカーに在庫があるのかも怪しい15年前のリール、今回は錆び止めだけで済ますことにしました。
錆を取った後に、エポキシ塗料とか瞬間接着剤の塗布でのコーティングを考えたんですが、コーティングの下で腐食が進むと逆に始末が悪いので、クリアラッカーを塗って応急処置で我慢。
f0230940_19554069.jpg
ベイルアーム、ドライブギア部分は、分解、クリーニング、グリスアップを。
塩水に浸かった形跡があり、ドライブギアに錆による虫食い状の変色が若干ありましたが、作動には問題無いのでそのまま組み付け。細かい砂が若干入り込んでいたので丁寧に取り除いて再組み立て。
大事に使えばこの先10年以上は大丈夫・・・・・希望的観測。
f0230940_1956055.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-12-12 20:02 | 工作 | Trackback | Comments(0)

トラックバックURL : http://illustshop.exblog.jp/tb/15146151
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。

<< 遠州灘、引っかかり無し 窓落ち修理完了 >>