レーシング DNA

親子2代にわたりF1チャンピオンとなったグラハム・ヒル、デイモン・ヒル親子。
グラハム・ヒルは60年代にロータスで、デイモン・ヒルは90年代にウィリアムズでF1チャンピオンの座に。
記録では親子2代でF1のシリーズチャンピオンになったのは未だにこの親子だけ。
ちなみにF1モナコGP、インディ500、ル・マン24時間レースの、ジャンルの異なるレースの全てで優勝したドライバーはグラハム・ヒルだけ。
グラハム・ヒルの黒ヘルメットに描かれた白いストライプは、ロンドン漕艇クラブの記章に描かれた8本のオールを表したものと言われていまして、デイモン・ヒルもこのヘルメットのデザインを継承。90年代のF1レースのTV中継でもよく見掛けました。
f0230940_6403097.jpg
イラストはそのグラハム・ヒルが1963年のラグナセカでドライブしたロータス23B。黒いヘルメットに口髭がトレードマークのグラハム・ヒルにも乗ってもらいました。
スロットレーシングカー模型のパッケージみたいな、ノスタルジックなイメージが伝われば大成功?
(一部ウィキペディア グラハム・ヒルより引用)
[PR]

by troutclub | 2010-12-09 06:43 | イラストレーション | Comments(0)

<< 窓落ち修理完了 日曜出勤 乗り遅れ >>