定番の窓落ち

クルマのパワーウインドーのスイッチを入れた途端に、ガキッと一瞬おかしな音がして助手席の窓がドスンと落ちました。助手席の住人は何が起きたのか分からずビックリ。
いつかは必ず起きると覚悟してました車の窓落ち。
これは、おっさんフライマンが使ってますクルマの定番トラブルでして、30年間同じメーカーのクルマを乗り継いでますが、今まで乗った車の全部で経験したトラブル。
メーカーはこの欠陥を知ってる筈なのに未だに対策してません。初めて窓落ちを経験した人はデーラーに血相を変えて、リコールだと文句を言って来るそうです。
ちょっとビックリしますが、安全に関わるトラブルじゃないのでリコールにはなりません。
保障期間が過ぎた頃から始まるトラブルでして始末が悪いです。デーラーで直すとアッシーでごっそり部品を交換されて結構な修理費に・・・・・・。
現在、壊れたウインドリフターのリペアーキットを手配中、知り合いのクルマ屋に工賃の見積もりをお願いしたら、工具も場所も貸すから自分で直したら!の回答でした。
ちなみに60分工賃は8000円也だそうです。自分の時給が嫌になりました・・・とさ。
写真はガムテープで応急処置のいかにも貧乏臭い図。窓落ちで驚かせた助手席へのビックリ代は、なんとか言うピザ屋のビールとピザで口を塞いで示談に。
f0230940_1172494.jpg
f0230940_1173735.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-12-01 11:11 | クルマ

<< 日曜出勤 乗り遅れ 塩分の取りすぎ・・・・ >>