ゼンメフライ

いつもの浜にイナダ(ブリの小さい奴)が回って来てるみたい!・・・・なんて電話を釣りのお仲間からもらいまして、ひょっとしたら釣りのお誘い?かと思ったんですが、ご当人は仕事で行けないとの話。
それって「様子を見に行って来てよ」の隠し言葉?
イナダにはゼンメのルアーが良いらしいとか、スズキも釣れてる、なんてその気にさせる言葉が続きまして、念の為にその情報の出所を聞きましたら、どうもスポーツ新聞の釣り欄からの受け売り」らしい。
この週末は、いつもの浜に新聞を見たアングラー達が押し寄せるんじゃないかとの予想で意見が一致。
f0230940_1619531.jpg

今週末に釣りに行くかどうかは別にして、ゼンメのルアーが良いならゼンメのフライでもいけるんじゃないかと思い、急遽ゼンメのフライを一つ試作してみました。
小さくても体高のあるゼンメをフライに巻くのは難しい。化繊のマテリアルを型にそわせて紫外線(UV)硬化のUVレジンで成形し、最近流行の中空ボディーのフライに仕上げてみました。
全長は12cm程なんですがシルエットをもっと平べったくしてボリュームを付けたかった。マテリアルとカラーを揃え、改めてもう少し納得のいくフライを作ります。
[PR]

by troutclub | 2010-11-12 16:22 | フライ

<< 駅のホーム? 海のドロッパー仕掛け >>