サーフゲーム

サーフでのフライフィッシングをテストしてみたかった日曜日の渥美半島での釣りだったんですが、のっぴきならない事態で早々の引き上げとなりフライロッドを出す機会はありませんでした。
船とか内海でのフライフィッシングでセイゴとかの魚を掛けたことは何度かありますが、波の高いサーフでのフライフィッシングは未体験ゾーン。
f0230940_739019.jpg

道具は10フィート#10番のエクステンション付きロッドと、モノコアーのクリアラインに550グレインの重いラインを用意しましたが今回は出番なし、ちょっと残念。
現場でフライの釣りを想定していろいろ見てみますと、波の高いサーフで、潮の流れと浜に上ってくる波をクリアしてフライをある程度の距離までキャストし、早いスピードでリトリーブしてくる作業を繰り返すのは自分には無理と判断。
f0230940_7472725.jpg
フライをキャストしても波が一発来ればラインは浜に打ち寄せられてしまうし、ラインが波にもまれてラインピックアップもままならない?フライではあまりにも分が悪いです。
やっぱりサーフでのゲームはスピニングリールの釣りが無難そう・・・・とは言うものの、ヒラメやアオモノをフライで掛けてみたいが本音、スケベ根性の抜け切らないおっさんフライマンなんであります。
[PR]

by troutclub | 2010-10-07 07:48 | フライ

<< 「関東煮」 モノクロ エラン >>