フラミニオ・ベルトーニ

f0230940_631555.jpg

過剰なエンジン出力も派手な外見もギミックも要らない、人と荷物が安全に疲れずに移動できるパッケージングこそが車の値打ち。
と思うのですが、それでは車の販売会社が納得しなくて、隣の車が小さく見えるパワーとデザインとプラスαのおまけが営業的には求められる?
シトロエンDSをデザインしたフラミニオ・ベルトーニ、車輪もエンジンも車のデザインには邪魔な物とのたまわったとか。
ミラノ・トリエンナーレ美術館に工業芸術として展示されたDSのオブジェにはタイヤが無くて、ホイルアーチはボディーと同じカーブをトレースして塞いであります。
タイヤを取ったDS、♪足を取ったら 柿の種・・・によく似てます?


[PR]

by troutclub | 2010-08-07 06:32 | クルマ

<< 満タン! アイレンブルー >>