アイレンブルー

ウエットフライのアイレンブルー、同じウエットのアレキサンドラによく似た感じ?・・・・ってことで、ピーコック・スウォードの在庫を切らして巻くのを諦めましたアレキサンドラ、色目の似てるアイレンブルーなら大して変わらない!と何本か巻いてみることにしました。
ウイングになるピーコック ブルーネックの在庫は確認済み。
どちらも赤とグリーンとメタリックのコントラストが派手なフライ。夏バテしてる鱒でも目の前をこんなフライが横切れば思わず飛びつく?
カナブンみたいなキンキラの色目は夏場のテレストリアルのようだし、熱帯魚のネオンテトラにも似てます。
案外この辺りの色目が夏のフライのキモだったりして?
夏休み、一通りのお勤めを済ませましたら、長野県の駒ヶ根、安曇野あたりをうろつこうかと思案中、少なくとも街中にいるより涼しいはず?
f0230940_10364193.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-08-05 10:38 | フライ

<< フラミニオ・ベルトーニ 40凸凹、50オーバー??? >>