車載 ipod

HDDナビを持たない身の上でして、車の中でmp3音楽を聴く時はいまだにipodの音をカーステレを通して聴いてます。
以前試したFMトランスミッターを使う方法はあまりにも音がプアだったので、純正のデッキに直接イヤホンジャックからケーブルで入力して再生する方法がベストと思い、なんの疑いもなく聴いてました。
簡単に説明すると、SONYがOEMで作ってる純正のデッキにSONY製のMDチェンジャーを増設し、そのSONY-BUSのオーディオ信号とipodからのオーディオ信号を途中ですり替えて再生するいたってシンプルな方法。
それだけでFMのトランスミッターで聴くより全然音質が良くて満足してたんですが、ipodのヘッドホン用アンプはあまり誉められたものではないとかの話を聴いて、少し面白くない気分になってました。
どうもipodコネクターからの信号で聴いた方が音が良いらしい?音声信号を直接アンプに入れるならイヤホン端子もipodコネクターもそれほどの違いは無い?と思いながらも、半信半疑でipodコネクター用の出力ケーブルを調達し、イヤホン端子からipodコネクター出力の信号に切り替えてみましたら・・・・。
これがビックリするほどの大違いで、イヤホン端子からの音なんか問題にならない?位いい音になりました。
ロングドライブの往復で14時間ほど連続再生しましたが、スッキリとした聴きやすい音になり上機嫌。
出力ケーブルの問題なのか、ipodnanoでは再生途中からおかしなノイズが出て聴いてられませんでした、こちらも近日中に何らかの対策をしないと・・・。
f0230940_824978.jpg

[PR]

by troutclub | 2010-07-20 08:26 | 工作

<< ゲゲゲの女房 半助豆腐 >>