世界の本田!

ついこのあいだまで、本田、本田の大合唱だったのに今は静かなもんです、W杯代表の本田圭佑選手、世界の本田!だそうです。
でも「世界の本田!」と言ったら、もう40年以上も前に二輪・四輪の世界グランプリを席巻した、自動車・二輪メーカーの本田技研工業株式会でしょ、通称HONDA。
と言うことでその40年以上前に生産されたHONDAのスポーツカーをイラストでご紹介。
f0230940_21273270.jpg
最初は360CCの軽四として設計されましたが、市販時にはHONDAスポーツ500として排気量を500ccに上げて発売、市販直後に600ccに排気量をアップされ最終的には800ccまで排気量がアップされてHONDAスポーツ800となりました。オープンの他にクーペモデルもあり。
クランクシャフトにまでローラーベアリングを使ったエンジンは二輪のグランプリレーサーと同じ手法で、市販車としてはオーバークオリティー。売れば売るほど赤字が出る車だったとの話も?
イラストは当時のホンダのレース部門RSC(Racing Service Center)の純正レーシングパーツで組上げられた、国内グランプリ用のHONDA S800レーシング、事実上のHONDAワークスマシン。
後年、イラストのSが履いているのと同じパターンのRSCのアルミホイルのレプリカ品がショップから売られ、これにタイヤを履かせてみましたら、チューブレス用なのにチューブを入れないと空気漏れするおおらかさ、参りました。
[PR]

by troutclub | 2010-07-09 21:29 | イラストレーション

<< 埋蔵金発掘 HOTEL PACIFIC >>