OIL交換

半年ぶりにサボってました車のエンジンOIL交換をしてきました、正確には7ヶ月ぶりのOIL交換。
機械的にはもっと先でも問題ないと思いますが、距離もいってますので昔のOIL交換サイクルが染み付いてるオッサンとしては精神衛生上この辺りが限界、炎天下の真夏も近いし。
OILエレメントもついでに交換、こちらは交換サイクルを一回飛ばして一年半ぶりの交換。
f0230940_1754743.jpg
OILの銘柄は「WAKO'S」の10W-40の半合成オイル。
クルマ屋の話では、何処の国で製造したのか分からないような有名ブランド?OILよりも、製造元がはっきりしているまともなOILとかで、ここ何年かはこの「WAKO'S」のOIL一本やり。
当然ながらOILが原因になるようなトラブルは一度も無し。「鰯の頭も信心から」なのであります。
OILエレメントは持込で、交換オイルの量は4.5L・・・・請求書には4.5Lの交換と書いてあります。
絶対にOILの入れすぎだと思う、でも持込のOILエレメントの交換工賃が請求書に書いてなかったのでそのままOIL代金だけ払って帰って来ました。
後は野となれ山となれ・・・・。
OIL交換するとエンジンのリフレクションロスが減少したような気がします?車雑誌のクルマ長期レポートなんかはこの言葉が常套句になってますけど、これはあくまでそんな気がするだけの感覚的な話。
OILの代金を支払った代償として脳が心地よい情報だけを選別して、状態が好転したように錯覚しているだけ?だったりして。
エンジンに新油を入れただけで、急にエンジンが静かになったり吹け上がりが良くなったりするとしたら、今までのOIL管理に問題があったんじゃないの・・・・?
[PR]

by troutclub | 2010-06-11 17:56 | クルマ

<< 本流 or 渓流 ipod >>