チューブフライ アダプター

雑誌だったかどこかのホームページだったかでチューブフライのことを「新しいフライパターン」・・・・なんぞと紹介してました。
でもこれはウソ、随分昔にハーディーの古いカタログを見た時、既にサーモンフライとしてチューブフライが沢山載ってたのを覚えてます。
新しい古いの線引きが何処にあるか分かりませんけど。
チューブフライはフライバイスに直接挟むことが出来ませんで、以前はチューブを上手く固定する方法がなかなか見つからず苦労してました。
サーモンフライドレッシングのHow to本で覚えたサーモンフックを伸ばして使う方法も、ワイヤーで自作のアダプターを使いフライバイスで締め上げる方法も決定打にならず。
フライを巻いてるうちに緩んでクルクル回転し、下手をすると巻いたマテリアルが全部解けて一からやり直しなんて事も何回かありました。とにかくチューブフライのタイイングは固定が面倒臭かったです。
ここ何年かのスペイブームでチューブフライが多く紹介され、タイイング用のマテリアルやツールで困ることは無くなりました。
なかでもチューブフライ固定用のアダプターは便利がいいです。
ピンからキリまで何種類か売られているようですが安いものでも仕掛けは同じで大差ないようです。これでチューブフライ固定に関する問題はほぼ解決。
f0230940_16212453.jpg
写真はチューブフライ固定の試行錯誤の歴史?
チューブフライ固定用アダプターは、映画「2001年宇宙の旅」の石柱モノリスに匹敵する発見?これでフライ猿人はフライマンに進化するのですよ?
[PR]

by troutclub | 2010-04-11 16:23 | フライ

<< ラテックスフェチ バージョンアップ >>